『ビーニーのメバルスピン』三重離島メバリング釣行レポート

こんばんは。

FLD名古屋南店の岩井です。
1/29~1/30にかけての晩の釣行レポートです。
自作メバリング用スピナーベイト、『ビーニーのメバルスピン』縛りで釣って来ました。
場所は三重県の某離島です。1泊2日での釣行。
澄み潮で漁港内の海底が見える程の透明度。
海況は北風が強く、深夜0時頃から無風に。
絶望的状況でしたが、メバルスピンでメバルを3尾、カサゴ(ガシラ、アラカブ)は2尾でした。
メバルは深夜2時頃にポロポロと釣れました。
メバルスピンをキャストして、5カウントして巻くだけ。

51351690_2261295074193824_2659582910918557696_n51228006_2261295090860489_1700626003459571712_n50818604_2261295107527154_7709748621700235264_n51275631_2261295184193813_8488845024790839296_n51132486_2261295164193815_4677788197927780352_n51057076_2261295177527147_3181057778206638080_n


カサゴは足元の岸壁沿いにメバルスピンを落とし、

着底したらシェイクしながら10cm程上げてフリーフォール。
着底したらまたこれの繰り返し。
ゴンッと、乗ったら合わせます。

51039966_2261295307527134_8432507062595878912_n50973525_2261295350860463_4510126319803039744_n51377777_2261295284193803_8641116450251079680_n51236106_2261295324193799_1682182881314603008_n
フラッタリングフォールするメバルスピンならではの、バーチカルな釣り方です。
これにはベイトタックルの方がやりやすいです。
飛距離重視の巻きの釣りならスピニングを、
バーチカルな釣りならベイトタックルを、
それぞれ使い分けて楽しめるメバルスピンでした。
 
最後に。
アタリはあるものの、メバルスピンで釣れないことがありました。
比較研究のため、メバルスピンからストリームドライブCBのクリアへチェンジ。

50836328_2261295230860475_8450459274273882112_n50234355_2261295247527140_7044967836959113216_n
すると釣れるのは12~13cmの小メバル君。
メバルスピンで釣れるのは15㎝以上。
どーも、メバルスピンでは15㎝以上でないと釣れない気が…。
ということは、サイズの釣り分けが出来るのかも…??
早朝4時。
50~60㎝のシーバスにメバルスピンを3度喰われて、全て吐き出される。
澄み潮なので目視出来てエキサイティング(*^^)v
でも、恐らく掛からないのは、鈎が小さいのかも?
アシストフックを付けてみるも、ジアイは終了。
魚達から、また宿題を渡されました。


ページトップへ