爆釣スピナー、『ブルーフォックスのミノースピン』をご存知?

こんばんは。FLD名古屋南店の岩井です。
そろそろ渓流トラウトシーズンが楽しくなる季節ですね。
私、メバリング好きですが、ネイティブトラウト好きでもあります。
この時期、どっちに行くか迷いますよねぇ~♪
 
今回は渓流トラウトルアーファンにオススメの、爆釣ルアーを紹介。
それは、『ブルーフォックスのミノースピン』です!!!
 

IMG_20190418_203349


これわぁ、ヤヴァイ!!
自信もって「釣れます!」と言えます。
スピナーなのですが、ボディはラパラのバルサボディ。
ボディ内部にはラパラオリジナルの半月板の鉛シンカー内蔵。
ブレードの回転方向にボディも回りたいけど、シンカーの重さで回れない。
回りたいけど、途中までで、回れない。
だから、ボディが不規則にローリングする。
これが魚を魅了!!
そして、バルサボディーなので浮力が高く、絶妙な浮力調整で、
水面直下10㎝~20㎝を安定して引いて来られる。
水面直下と言えば、、、追い詰められた小魚が右往左往する場所。
フィッシュイーターのバイトレンジですよね?(^O^)
魚がもんどりうって喰ってきます。(^◇^)
まさに、キング・オブ・スピナーなのです。

 

私の記憶が正しければ…
確かブルーフォックスは、
ルアーメーカー『ラパラ』を創るにあたり、
お金のない漁師だったラウリ・ラパラに出資した人が建てた会社。
ラパラと関係の深いルアーメーカーなのです。
なので、今はラパラの傘下にあります。

 

出番は浅い川や、湖沼ならシャローエリア。
サイズは4g、5g、7g。(昔は11gもあった。)
4gは渓流トラウトにオススメ。
7gはブラックバスにオススメです。
魚を選ばない、スゴイ~!!スピナーですよ。
海でクサフグまで釣ったこともありますヾ(≧▽≦)ノ(笑)
渓流トラウトなら、アップクロスにキャストして、
ドリフト気味にリトリーヴするのが良いでしょう。
空気抵抗が少ないせいか、ぶっ飛びますので要注意。
これをベイトフィネスで釣るのが、楽すぃ~♪ヾ(≧▽≦)ノ

18301909_1320200324736247_3265736076008734139_n

14484649_1107254019364213_8800931207185406531_n

14590239_1107253952697553_1458778482368344378_n

10407902_823833551039596_8552966537236993893_n

☟このように、スピナーとラインをスナップを使って結ぶのはお勧めしません。

絡みます。直接ラインとスピナーを結んでくださいネ。(^◇^)

18268333_1320200188069594_1883150053981794058_n

 

そんなに釣れるスピナー、なぜ今更紹介?
実は、残念ながら、ここ10年程廃番だったのです。
お店に仕入れたくても、できなかった。
で、それが今年、復活!!!
FLD名古屋南店に、4g、5g、7gを仕入れました。
間違いない、ゴールドとシルバーの2色だけ入れてあります。

 

探していた方、
是非この機会にお買い求め下さいネヾ(≧▽≦)ノ

 

あと。フックだけは、2サイズダウンして交換することをお勧めします。


ページトップへ