琵琶湖秋パターンについて

91 ビュー

こんばんはFLD春日井店のスタッフ岩月です!

 

暑かったもようやく終わりを告げ、一年で最も快適ながやってきましたね♪

 

これからの時期琵琶湖の釣りで意識していきたいのは

ベイトのポジションですね。

 

例年ではシルバーウィーク開けの頃から湖全体で

落ち鮎パターンが成立し始めます。

 

今まで沖にいた湖鮎が産卵の為に接岸するからであると考えます。

 

さらにターンオーバーも丁度この時期から影響が出始めますので、

産卵に鮎が集まり水通しの良い川の河口などが狙い目です!

 

気温が下がり水温も下がると、

今まで水草の影に隠れていた魚も越冬に向けて活発に餌を追い始め

湖全体に散ってしまいます。

 

そんな時広範囲に散ったバススピーディーに探ることができるのが「巻物」です!

 

当店では私スタッフ岩月が厳選した

 

  「巻物ルアー」と「巻物に相性のいいロッド

     

     を入り口すぐの秋バスコーナーに取り揃えております!!

IMG-0404
秋バスをもっと楽しみたいお客様は是非お越し下さい!

また、詳しい釣り方やテクニック、タックルが気になるお客様はスタッフまでお気軽にお声掛け下さい!


ページトップへ